本日の取引結果

4686ジャストシステム、5401新日鉄住金、5411JFE、5805昭和電線、5807東京特殊電線、5815沖電線を売買。

先日書いたように、今日も上記電線銘柄は連動してて沖電線を見ながら東京特殊電線と昭和電線を売買すればよかったのでボーナス相場だった

って言っても他の銘柄でやられたのでチャラでしたけど・・・

沖電線は空売りできなくなりましたね。売り玉持ってます。金の卵です

本日+1万8120円でした。

本日の取引結果

今日は、昨日と同じく5805昭和電線、5807東京特殊電線、5815沖電線の板を横並びにして売買。

沖電線の動きを見ながら売買したけど、うまいことかみ合わず損失だけが増えてった

で、9:30頃には3銘柄とも動きがなくなり終了~

やる気失せました

本日-59万5430円でした。

本日の取引結果

昨日ストップ高でつかまってた7727オーバルは1万株

くそ高く寄り付きやがって、ほぼ始値で泣く泣く決済

昨日、オーバルと連動してた6850チノーを獲物を狙うトラのようにガン見してました

オーバルが先に寄りついて、その後下がっていったので、まだ寄りついてなかったチノーに空売り。

そしたら寄り付いた後、オーバルを追いかけるように下へ。

なんの会社か、どんな業種かも知りませんが、とりあえず今日までは連動してたのでやりやすかった

14時頃から用事があったので、取引きが終わる15時前まで外出してたのですが、なんと事件発生

指値注文を消すの忘れてて、約定してておもくそ損失に

銘柄は5807東京特殊電線

本日-48万3670円でした。

本日の取引結果

今日は6850チノー、7727オーバルを売買。

ロングもショートも混ぜながら何回も売買してたら、オーバルのショートを持ってる状態でストップ高につかまってもうた・・・

なのでオーバルは売りを持ち越し。

本日+38万3870円でした。

本日の取引結果

場中は日経CNBCをつけて取引きしてるんですが、昨日の場中に8750第一生命が増資観測懸念と放映してたので、引け間際にショートして持ち越してました。

無題


そしてヘッジに日経先物をロングしときました。

そしたらなんと増資発表

お決まりで今日は下げて始まったんですが、なんとさらに奇跡がおきて、ダウ平均が1万7000ドル突破

ということで、日経は上へ

第一生命も日経先物も取れてダブル奇跡でした

あとは4779ソフトブレーンを売買。

本日+43万9610円でした。

本日の取引結果

今日は、3688VOYAGE GROUP、6096レアジョブ、6378木村化工機を売買。

IPOのVOYAGEとレアジョブは上場日が近いということで連動してますね

よくあることで、今日の主導権はレアジョブだったので、レアジョブを見ながらVOYAGEを売買したら、やりやすかったんじゃないかなと思います

あと木村化工機は、賑わっていたので売買したんですが、最近はなんたら化工機が盛り上がりますね

本日+51万2220円でした

医療保険

はっきり言っていりません。

健康保険証を持ってる人であれば、高額療養費制度があって自己負担限度額を超えた分は、後日払い戻されますよ

払い戻しには3ヶ月くらいかかるのですが、入院など事前に高額な医療費になりそうなことがわかれば、限度額適用認定証を利用すると窓口での支払いが自己負担限度額までとなります。

自己負担額は、上位所得者・一般所得者・低所得者と3つに分類されてます。

上位所得者の自己負担額は約16万円、一般所得者は約9万円、低所得者は35400円です。

これを超えた分は、払い戻されるのですが、もちろんこの制度を知っていて、申請した人だけですよ

上位所得者とは、標準報酬月額が53万円以上の人。
一般所得者とは、それ以下の人。
低所得者は、市民税が非課税の人(まわりにはいないので詳しくは知りません)。

「でもがん保険に入っていれば、がんと診断された時点で一時金として100万円もらえるんですけど」とか言う人がいますが、保険は何かあったときの為のものです。100万円もらえるとかの損得勘定はやめましょう。

「入院や通院があった場合、日数分の給付金日額がでるんですけど」と言う人もいますが、もらえる給付金と支払う保険料を計算してみましょう。

あとはご自身で
プロフィール

ちゃ太郎

QRコード
QRコード
月間投資成績
2016年01月+6,907,200
2016年02月+8,341,650
2016年03月+7,589,570
2016年04月+744,470
2016年05月
2016年06月
2016年07月
2016年08月
2016年09月
2016年10月
2016年11月
2016年12月
メディア実績
書籍・雑誌など

Dealing Consulting

Dealing Consulting

Dealing Consulting

Dealing Consulting

  • ライブドアブログ